簡単にビットマップをベクターに変換

世界最高のフルカラー自動トレーサーで、迅速に作品を印刷、刺繍、切り抜き、その他に活用してください!

Vector Magic が JPG、PNG、BMP または GIF ビットマップ画像を SVG、PDF、EPS、AI または DXF ベクター画像に変換することを示すアニメーション。
ビットマップ
ベクター
クリックして回答

オンライン

オンラインで画像をアップロードするだけで自動的に JPG、PNG、BMP、GIF ビットマップ画像を真の SVG、EPS、PDF ベクター画像に変換します。 ソフトウェアのインストールなしに、すぐに真のフルカラートレーシング結果が得られます。

ここに画像をドラグ
ペースト

 Ctrl  +  V  ベータ

デスクトップ

ビットマップ画像をベクター画像にオフラインで変換するスタンドアロンデスクトップアプリケーション。 すべてのオンライン版ファイル形式に加え、AI および DXF 出力に対応しています。 Illustrator、Corel、その他のソフトウェアとシームレスに作業できます。

もっと読む

最適な用途

前刷り

すぐに印刷、切り抜き、刺繍できる作品を必要としていますか?Vector Magic は、画像フローを管理し、所要時間を短縮し、前刷りの煩わしさを最低限に抑え、コストを削減します。

ロゴ

ロゴはブランドを代表するもので、ウェブサイト、名刺、パンフレット、バナーなど、広範にわたる媒体に使用されます。ベクター形式にすることで、どんな用途においても一定で鮮明な表示となるようにしてください。

グラフィックデザイン

ビットマップのソース資料をベクター構成に迅速に変換し、広範にわたるクリエイティブな可能性を開いてください。あるいは、従来のように何かを紙に描画して、スキャンし、ベクター化した上で作品を完成することもできます。

...その他

写真から芸術的効果を創出、グラフや地図をベクター化、スキャンした作品をより柔軟なものに変換等々、可能性は無限です。今すぐに試してください!

  -   チュートリアル   -   価格

ベクター化のため、JPG、PNG、BMP または GIF ビットマップオリジナルをアップロード

アップロード

ビットマップ画像をアップロードしてください。自動的に使用する設定を探し、画像をトレースします。

比較のため、ビットマップオリジナルの上にベクター化結果を重ねて表示

レビュー

ベクター結果のレビュー、設定の微調整、結果の編集まで、すべて同じツール内で行うことができます。

すぐに使用可能な SVG、PDF、EPS、AI および DXF ベクター結果

ダウンロード

結果は、SVG、EPS、および PDF フォーマットで提供されます。 デスクトップ版は、AI および DXF も生成します。

Vector Magic は、完全自動フルカラーのベクター化を提供します。

全自動のベクター化

Vector Magic は、画像を分析し、自動的にベクター化に最適な設定を検出した上で、内在する図形をフルカラーでトレースします。これにより、使用方法は非常に簡単になります。画像をアップロードし、結果をレビューするだけです。

もちろん、自動検出された設定を変更することもできます。Vector Magic はマシンだけでなく人が理解できるわかりやすい設定を提供しており、それらは簡単に変更できます。

チュートリアル<全文をご一読ください»

JPG を SVG に変換しなければならないのですか?業界最高の結果を提供する Vector Magic をご利用ください。

Vector Magic re-captures the fine details of your original and provides sub-pixel precision.

ピクセル以下の精細さ

Vector Magic は、画像に含まれるすべての詳細情報を注意深くトレースし、エッジの各ピクセルを正確に適切な場所で分割し、オリジナル画像の意図を再現します。

これによって、他のツールでは失われてしまう細かい詳細を引き出すことができ、入力のニュアンスが失われるまでにどこまで詳細に迫れるかの限界を押し上げます。

クライアントはロゴをよく PNG フォーマットで提供しますが、印刷するには、SVG に変換しなければならないことがあります。再描画するには何時間もかかりますが、Vector Magic を使用すれば、しばしば素晴らしい結果がわずか数秒で得られます。

Vector Magic uses the appropriate number of nodes to represent your vector shapes.

適切なノード数

他の自動トレーシングツールを使用した経験があれば、ノード数もノードの設置場所もひどかったことにお気づきになったことでしょう。

Vector Magic は、適切な使用ノード数を賢明に選択し、それらを最高の場所に設置します。

これによって、結果について作業することが非常に簡単になり、ファイルサイズを縮小することができます。

Vector Magic は、他に追随するもののない世界最高の PNG / SVG コンバーターです。

結果の編集

Vector Magic は、使用しやすい設定を提供するだけでなく、オンラインでもデスクトップアプリでも、ユーザーに結果を編集する機能を提供しています。

必要ない図形を消し、分離された図形をつなげ、破線を修正し、接触すべきでない図形を分離するなど、すべてを使いやすいピクセルスタイルのエディターで行うことができます。

この優れた機能は、結果に少数の欠点が含まれる場合など、実に頼もしい助けになります。

結果の編集方法についてビデオをご覧ください»

何故か、誰もオリジナルの EPS フォーマットを保管していないようです。EPS に変換する必要がある場合は、必ず Vector Magic をまずお試しください。

Vector Magic で画像をトレースすると、クリーンで鮮明な結果がもたらされます。

トレーシング

ビットマップ画像をベクターフォーマットで埋め込むことは、ベクター結果のメリットを完全に提供しません。

埋め込み

埋め込みではなくトレーシング

Vector Magic は、常にビットマップをトレースし、内在する図形を注意深く引き出し、ベクターがもたらすメリットを完全に備える真のベクター画像を提供します。

対照的に、ビットマップをベクターに変換すると宣伝する多くのオンラインサービスでは、実際にベクター図形にトレースするのではなく、ピクセルを単に埋め込んでいます。

これでは、拡大するとやはりぼやけてしまうファイルが得られるだけで、切り抜き、縫い付け、レーザー刻印または真のベクターが必要なその他の目的に使用できません。

欲求不満を溜めずに、真のベクター化には Vector Magic をご利用ください。

グラフィックデザイナーはしばしば JPG を SVG に変換しなければなりません。Vector Magic を使用して迅速に作業を完成させてください。

この製品が大好きです。まさに捜し求めていたものでした。直感的にわかりやすく、本当によく機能します。
D. Brown, Designer, ddb creative
まさにどんぴしゃりで、完璧に機能します。仕事でも学校でも、個人的なプロジェクトでも使っています。
A. Carback, Web Designer
貴社のベクター画像は、今まで使ったソフトウェアのものよりはるかに優れています。素晴らしい仕事です。貴社のサービスを必要としている人に絶対お勧めです。
B. Plate, Retired school teacher
どんなに貴社の製品を好きかを言わずに書き始めることができません。とても良く機能します。就職して初めの 1 週間でこのツールを使って上司に感心して貰いました。家でも仕事でもよく使っています。素晴らしい製品をどうもありがとう!
J. Hasty, Ketchikan SIGN PRO
利点

簡単

Vector Magic は、ビットマップを手作業でトレースする困難で面倒な作業を、簡単にクリックするだけで完了する作業に変えます。画像の管理に集中してください!

最高の結果

他のツールと結果を比較すれば、Vector Magic がビットマップオリジナルにより忠実なベクターを生成していることがおわかりになります。結果は多くの場合そのまま使用することができますが、クリーンアップが必要になったとしてもはるかに少ない作業で済みます。

経済的

ハンドトレーシングの外注コストや時間を考えると、Vector Magic は最低限の使用で元が取れます。使用に制限はないので、ベクター化が必要などんな画像にも試すことができます。

目的に最適

もう待つ必要はありません。Vector Magic は結果を直ちに出力するので、時間をむだにせずにより重要なことに専念することができます。

ベクター画像は、円、長方形、直線、曲線などの形状で構成されているのに対し、ビットマップ画像、別名ラスター画像は、ピクセルのグリッドで構成されています。ベクター化またはトレーシングは、ビットマップ画像をベクター画像として描画し直すプロセスです。

ベクター画像の形状によって、コンピュータは、品質の低下を招かずにどんなサイズにでも拡大したり、切り抜き、縫い合わせ、塗りつぶし、レーザー刻印など、ビットマップ画像ではできない作業を行うことができます。

ビットマップ

グリッド

ピクセル

ベクター

内在する形状

ベクター画像

ベクター画像についてもっと読む »

ビットマップ画像ファイル形式

ビットマップ形式には数多くの種類があります。中でも最もよく使われているものには、JPEG、GIF、BMP、TIFF があります。大きく分けると、それらは 2 つのカテゴリーに分類できます。

ロッシー形式

ファイルサイズは小さくできますが、画像の完全なコピーを保存するものではありません。写真やその他の完全な正確さが重要でない画像に適しています。バンド幅を節約するために、よくウェブに使われています。例:JPEG。

ロスレス形式

これらは、画像のピクセルごとの正確な表示を行うものですが、より大きなサイズが必要になります。ロゴなどにより適しています。議論の余地はあるものの、その中で最高の形式は PNG であり、Vector Magic がロゴに 推奨するビットマップ形式です。広範にわたり対応されており、非常に良好な圧縮を行います。例:PNG、GIF、BMP、および TIFF。

これらの形式に関する具体的なコメント例は以下のとおりです。

JPEG/JPG

最も広範にわたり使用されている画像形式は JPEG(Joint Photographers' Expert Group)形式です。この形式は、優れた圧縮特性を有しており、ユーザーが、忠実度とファイルサイズのトレードオフにより望む圧縮レベルを指定できるという好ましい昨日があります。

JPEG ファイルをラスタライズドベクター作品に使用することはお奨めできません。圧縮による副作用によりエッジ近くの画像品質が大幅に劣化するからです。

PNG

ロスレス画像形式で最高のものは PNG(Portable Network Graphics)です。この形式は、広範にわたるウェブブラウザーや画像ビューア/エディターが対応しています。

Vector Magic は、ロゴをビットマップで保存する場合、PNG 形式を使用することをお奨めします。

BMP

BMP(BitMaP)形式としては実際にはいくつかあります。 Windows および Macintosh にはそれぞれ独自形式があり、両方とも BMP と呼ばれています。大部分の新しい画像編集ツールは両方とも読むことができます。

いずれにしても BMP のすべての亜種は、できるだけ避けるべきです。これらは圧縮をほとんどまたはまったく行わないので、不必要に大きなファイルサイズになります。

ベクター画像ファイル形式

EPS

Adobe の EPS(Encapsulated PostScript)形式は、おそらく最もよく使われているベクター画像形式です。印刷業界では、標準のインターチェンジフォーマットです。エクスポートフォーマットとして広範にわたるツールが対応していますが、フォーマットの完全仕様は複雑なため、EPS への対応を謳っているすべてのプログラムが必ずしもそのすべての亜種をインポートできるとは限りません。Adobe Illustrator および CorelDRAW の最新版は、EPS の読み書きに非常によく対応していますが、Ghostview は読むことはできますが、編集機能は備えていません。Inkscape はエクスポートだけに対応しています。

SVG

W3C 標準ベクター画像形式は、SVG(Scalable Vector Graphics)と呼ばれています。Inkscape、Adobe Illustrator の最新版および CorelDRAW は、SVG の読み書きに対応しています。SVG 形式の詳細情報については、正式 SVG ウェブサイトを参照してください。

PDF

Adobe の PDF(Portable Document Format)形式は、プラットフォームによらない汎用ドキュメントフォーマットとして非常に広範に使用されています。また、それ専用ではないものの、非常に良好なベクター画像フォーマットでもあります。Adobe は、Acrobat PDF reader を無料で提供していますが、PDF ファイルを作成するツールを販売しています(同機能を実行するサードパーティツールも販売されています)。それらのツールは、印刷可能なすべてのプログラムと互換性があります。PDF ファイルの読み書きに関する対応は、はるかに限定的です。

AI

Adobe Illustrator のネイティブフォーマットは、古い EPS フォーマットの変更版である AI フォーマット(Adobe Illustrator Artwork)です。AI フォーマットはかなり広く対応されていますが、EPS フォーマットより行き渡ってはいません。そして AI を読めるほとんどのプログラムは EPS も読めます。

DXF

Drawing eXchange Format。多くのベンダーの CAD ツールで使用されている Autodesk からの CAD フォーマットです。プログラムによっては、スプライン(曲線) のある DXF ファイルを読むのが困難なので、デスクトップ版は線+スプラインと線のみの出力モードに対応しています。

その他多くのベクターフォーマットがあります。少しだけ例を挙げると、CDR は、CorelDRAW のネイティブフォーマットで、XAR は、Xara Xtreme ネイティブフォーマットです。

Vector Magic は、JPG、PNG、BMP、GIF の画像を EPS、SVG、PDF、AI または DXF に変換できます

AI および DXF には、デスクトップ版が必要です

Vector Magic の使い方

Vector Magic 変換オプションと、それらが各種画像タイプにいかに適用できるかを学んでください。

Vector Magic の使い方

作品 / ロゴのベクター化

ビットマップ作品をベクターに変換する最初から最後までの事例。その過程で直面するさまざまな問題とその対処方法。

作品 / ロゴのベクター化

写真のトレース

写真は、素晴らしい芸術効果を上げるためにベクター化することができます。このチュートリアルではその例をいくつか示します。背景またはより大きな構図の中の要素として使用することができる定型化した芸術作品を作ることができます。また、特定の実世界のオブジェクトから個別の図形を取り出し、ご自分のアセットリポジトリに追加することもできます。

写真のトレース

ヒントおよびこつ

難易度の高い画像に対し、適切な拡大と カスタムパレットオプションの使用による Vector Magic の色の使用数の制限により、いかに最大の効果を出すことができるかをご覧ください。

ヒントおよびこつ

ベクター化スキャン

印刷された作品に対する最適なスキャンとベクター化の詳細説明。

ベクター化スキャン

新しいフォントの作成

昔の活版印刷ページをスキャンして、コンピュータが取り扱うことができる TrueType フォントを作成する方法をご覧ください。

新しいフォントの作成

正式に対応している入力ファイル形式は、sRGB カラースペースを使用した JPG、PNG、BMP、GIF ビットマップ画像です。 とは言うものの、ブラウザーが読み取れる画像形式はどれでも受け入れるよう最大限の努力を払います。 CMYK 入力は sRGB に変換されます。

最大許容画像サイズは、アスペクト比にかかわらず 1メガピクセルです。 サイズ制限より大きな画像は、そのサイズに縮小されます。 これは、ピクセル であり、バイト ではないことに注意してください。現在画像バイトサイズ制限はありません。

正式にサポートされているブラウザーは、最近のデスクトップおよびラップトップで実行される Chrome、Firefox、Microsoft Edge の最新版ですが、その他の新しいブラウザーも動作する可能性があります。

画像から背景を削除するには、Clipping Magic »を試してみてください

プリトリミング

画像サイズがサイズ制限を超えています。 最高の結果を得るには、ベクター化したい領域を残して画像のトリミングを行ってください。

サイズ制限


オリジナル画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:

トリミングされた画像

サイズ:
アスペクト比:
メガピクセル:
トリミングされた画像は、サイズ制限を超えており、制限に合わせて縮小されます。
サイズ制限に適合しています。解像度が完全に維持されます。

Javascript エラー:-(


この問題を修正させてください!