紙および衣服への印刷

紙または衣服への印刷を行うには、基本的に 2 つの異なる方法があります。

  1. ラスタライズ印刷 - この一般カテゴリーに含まれるものには多くの印刷技術があります。それらの間で、品質および最終結果の感触は異なりますが、要するに紙または衣服にピクセルを印刷することです。大部分の消費者に馴染みが深い、最も一般的なプリンター種別である、インクジェットやレーザープリンターがこのカテゴリーに入ります。衣服に印刷できる産業用のインクジェットスタイルプリンターもあります。

    印刷は基本的にピクセルによって行われるものではありますが、プリンターの解像度(以下を参照)を最大限に活用するにはベクター画像を入力として使用する方が合理的です。

  2. 図形印刷 - この一般カテゴリーに含まれるものにも多くの印刷技術があります。それらの間で、品質および最終結果の感触は異なりますが、要するに入力ベクター画像の図形を基材(シルクスクリーン、銅版、その他)から切り抜きまたは押し出し、最終製品の正しい位置に指定された色を塗るものです。

    これらのプロセスでは、通常ベクター入力が必要になり、それ以外では作業できません。多くの場合、ベクター画像で使用される図形定義なしに基材を切り出し/押し出しすることはできません。

印刷には、コンピュータ画面(通常、インチ当たり 72 ピクセル/ドット(DPI))で表示されるものより、はるかに高い解像度(通常、インチ当たり 600 ピクセル/ドット(DPI))があります。 これは、コンピュータ画面で良好と思えたものが、実際に印刷されると「粒度が粗い」またはピクセル化されることを示します。

ウィキペディアで、捺染フレキソ印刷スクリーン印刷、およびデジタル印刷の記事を参照してください。

サービスプロバイダー

世界中には、何万ものカスタム印刷所があります。このごく一部でも記載することは、現実的ではありません。印刷が必要な場合は、地域の電話帳(イエローページ)を確認するようお奨めします。

衣服への各種印刷を提供している多くの大手ウェブサイトがあります。そのうちのいくつかを以下に示します。

これらは、お客様の便宜のために記載されたものですが、このリストへの記載は Vector Magic による推薦を意味するものではありません。

看板

看板は、さまざまな形やサイズのものがあり、多くは何らかのベクター画像オリジナルを使用して作られます。

具体的な製作プロセスは異なるものの、その中の 1 つには、ビニールから関連色を切り抜くことが含まれます。

刺繍

コンピュータ制御のミシンは、カスタムデザインを各種衣類に迅速に刺繍することができます。このプロセスには通常、ベクター画像が必須です。ミシンは関連図形を刺繍するのに方向づけしなくてはならず、これはピクセルに基づく情報だけで行うことはできません。

一般グラフィックデザイン

グラフィックデザインは多くのツールを使って多くの方法で行われますが、ベクター画像はその多機能性と柔軟性によって、ロゴや描画などのさまざまなグラフィックスを制作する際の非常に自然なキャンバスになります。

アニメーション

オンラインでよく目にするアニメコンテンツのスムーズなアニメーションや創造的なアートの多くは、HTML5 または Adobe Flash アニメーションでベクター画像を使って制作されています。


Javascript エラー:-(


この問題を修正させてください!